Page: 1/33   >>
活版体験

 

 町の印刷屋さんで当時のおはなしを聞きながら、手フート印刷機を使っての活版体験に参加しました。印刷所の中に入ると昔の手動の印刷機や、柵には活字がきちんと並んで入っています。なんだか懐かしい空気の中に包まれて行くような気持になりました。

 

活版体験2

 

 10月リラ自然音楽クラブの講座、賢治長へん輪読会で『銀河鉄道の夜』の 一、午后の授業 二、活版所 三、家 をみんなで読みました。読み終わった後、二、活版所 の場面でAさんが昔、印刷所で活字が沢山入っている棚を見た事など詳しく懐かしそうに話して下さいました。またBさんは「お母さんを想うやさしくて、本当に健気なジョバンニの姿を感じます」といったような事をおっしゃいました。

私はその時の、皆さんのお話しが浮かんできました。

 

活版体験6

 

 私は名刺を作るために、柵の中の一番小さなひらがなの活字を、一つ拾うのにもたもたしながら文選箱に入れながら、あー、ジョバンニは私が手に持っている活字よりも、もっともっと小さな活字を、一つ一つ間違えないように沢山拾って、この文選箱に入れていたのだと思った時、大人たちの中で、仕事は本当に大変なのに、それよりも、パンと牛乳と角砂糖を買ってお母さんに飲ませてあげようというジョバンニの心に触れて、胸がいっぱいになってしまいました。
 印刷所のご主人から頂いた資料の中に、『銀河鉄道の夜』の二、活版所が書かれていましたのでお伺いしたら「ジョバンニが壁の隅の所へしゃがんで、粟粒ぐらいの活字を拾っていたと書かれているので、私の想像ですがルビ(ふりがな)の活字を拾っていたのではないのかなー」とおっしゃって、(欧文活字大きさ実物)という資料を見せて下さり、そこに印刷されている字の小ささに驚いてしまいました。それは本当に粟粒ぐらいでこれを拾っていたのだと思うと言葉がでませんでした。
 印刷所はご夫婦二人だけで活版印刷も続けられています。
廃業になったりして使われなくなった活字や、昔の活版印刷機械を譲り受けた物もあり、中には捨てられてしまった物もあって、忍びなく思うとご主人はおっしゃっていました。
これからも大切に使って、若い方達に受け継いで行けたらいいと思われています。
 私はとてもいい体験をさせていただきました。


                   ヒームカ

 

活版体験4

 

活版体験5

 

 

| ヒームカ | 23:28 | comments(1) | - | pookmark |
平塚市博物館の冬期特別展「賢治が見つめた石と星」

平塚博物館2

平塚市博物館の冬期特別展「賢治が見つめた石と星」を観てまいりました。

賢治さんの作品の引用と、実際の岩石や鉱物、天体資料を対応させた展示がとても良かったです。

来週までなので、お時間ある方はぜひ。

 

『銀河鉄道の夜』関連もたくさんありました。

石英でできた美しい砂の展示や、

実際に、早池峰山の頂上にある三角標、一等三角点の写真などがあって驚きました。

全ては挙げられませんが、

岩石や鉱物、天体はみな美しく賢治さんがなぜ形容に使ったのか、

ほんとうによくわかりました。

とくに『気のいい火山弾』にでてくるベゴ石と同様の紡錘状火山弾がよかったです。

 

「どこの標本でも、この帯の完全なのはないよ。どうだい。空でぐるぐるやった時の工合ぐあひが、実によくわかるぢゃないか。すてき、すてき。今日すぐ持って行かう。」

…というフレーズが、ほんとうにその通りだと思いました。

 

●明日、1月5日(日)には、特別展示解説もあるようです。

PM13:00〜13:45

 

上映時間が合わずプラネタリムは諦めましたが、

面白そうなプログラムがならんでいました。

 

●賢治がみつめた星空

2020年1月5日(日)
AM11:00 〜、PM14:00〜

 

●銀河鉄道の夜

2020年1月5日(日)、12日(日)
PM15:30〜

 

------------------------------------------------------------

平塚博物館 HP

 

冬期特別展「賢治が見つめた石と星」紹介PDF
2019年11月2日(土)〜2020年1月13日(月祝)

無料

 

利用案内 によれば、プラネタリウムは200円だそうです。

------------------------------------------------------------

 

平塚市は、花巻市と友好都市の盟約を結んでいるため、

美術館や博物館で、賢治関連の貴重な展示が頻繁に行われているようです。

ありがたいです。

 

 

JUGEMテーマ:デクノボー宮沢賢治について

| ten | 23:02 | comments(0) | - | pookmark |
2020年 元旦

 

明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

 

 

   令和二年     

           でくのぼう宮沢賢治の会

 

 

ばら

 

 

 

| ポラーノ@管理人 | 10:22 | comments(1) | - | pookmark |
新作紙芝居「いちょうの実」、小学校での読み聞かせ報告

☆宮沢賢治大好きなまるめろさんからの報告です

 

 当会のヒームカさんが、「気のいい火山弾」に続いて、「いちょうの実」の紙芝居を製作してくださいました。地元の小学校で読み聞かせのボランティアをしていて、いつも宮沢賢治の作品を中心に読んでいます。「いちょうの実」は、秋になると読んでいる作品なのですが、気に入った絵の絵本や紙芝居がなかったので、ヒームカさんにお願いしたところ、見ているだけで暖かく、優しい気持ちにしてくれる素敵な紙芝居を描いてくださいました。

 さっそく2年生のクラスで読んだところ、一人の男の子が帰宅してから、「今日、読み聞かせで聞いたお話で、いちょうの子どもたちがかわいかったよ。ぼくもお母さんに優しくしてあげたくなったから、お手伝いするよ。」と言ってくれたと、お母さんが嬉しそうに教えてくれました。子どもの素直な感性に、心洗われる思いがしました。賢治さんの純粋で美しい心のこもった作品が、みんなの心を癒してくれる瞬間に立ち会えることは、何ものにも代えがたい喜びです。これからも、心を込めて大切に、賢治さんの作品を子どもたちに届けていきたいと思います。ヒームカさん、ステキな紙芝居を本当にありがとうございました!

 

                             (まるめろ)

 

 

いちょうの実-スミ

いちょうの実(紙芝居用の画像が手許にないため、

山波財団会報誌に掲載された絵を使用しています)

 

気のいい火山弾2013.12.30 Monday

気のいい火山弾(紙芝居)

 

 

| まるめろ | 20:13 | comments(0) | - | pookmark |
2019宮沢賢治祭 ご報告

 

 9月に恒例の賢治祭が開催され、参加者の皆様から熱のこもった沢山のアンケートをいただきました。時間をかけて心を込めてにお書き下さった(記事になる程の)文章もあり、大切に読ませて頂きました。今回は、賢治祭の舞台裏として、アンケートの一部をご紹介させていただき、当日のご報告をいたします。 【リード文・草薙 建(抜粋)】

 

2019年9月21日(土)3:00 〜 5:00 山波財団 2Fホール
司会進行 熊谷えり子
企画・構成 でくのぼう宮沢賢治の会
写真 K・Y
 

 

前半
グスコーブドリと賢治の伝記(60分)

それぞれのテーマを決めて5部の構成です。熊谷先生監修、草薙さんがシナリオに起こしてくれました。
熊谷先生のナレーションとメンバーたちの朗読、挿入曲、プロジェクタで流す映像で、来場された参加の方々と共に感動的な舞台となりました。

 

2009賢治祭5

 

 

後半
イーハトーブの歌と朗読(40分)
青木先生の指揮のもと、「種山ヶ原」「耕母黄昏」「ポラーノの広場」の合唱、最後には全員で「雨ニモマケズ」を群読しました。群読は大迫力で新しい時代がそこに来ているような新鮮な気持ちになりました。

 

2009賢治祭3

 

 

 

また、「懐かしの映像」では、2004年8月14日の講演&コンサート「宮沢賢治を生きる」第二部(録画)より、山波言太郎先生の「雨ニモマケズ」「農民芸術概論綱要」朗読と、当時のリラ自然音楽研究所会員たちによる「青い槍の葉」の群読が上映されました。15年前の映像は流れた月日を感じながらもなつかしくホロリとなる場面もあったかも知れません。山波言太郎先生の朗読は今でも新しく感じられ圧巻でした。

 

2009賢治祭4

 

2009賢治祭1

 

今年は若い人たちがいつもより多く見えられました。

プログラムの配布を手伝ってくれたり、積極的に手伝いを申し出てくれました。

 

2009賢治祭2

 

 

 

★アンケートの一部より★

 

係の皆さんのくるくる働く姿。一生懸命声を出し合い、1つになろうとする姿。若い方もたくさんいました。そう若くない方も、心は全く若いままだと感じました。
終わって今、この新しい人達が、まっすぐこの道を進んでいけるためだけに、自分ののこりの人生をつかい切りたいと思いました。
何もかも新鮮でした。

 

第1部、とにかく涙が流れました。ブドリ(賢治先生)のでくのぼーに感動しました。私もこのように生きたいと強く思いました。ブドリの、本当に心からの無私の心に感動しました。
第2部、みんなのキレイな心がのった歌声にいやされました。
最高でした。

 

第1部の脚本、朗読がとてもすばらしかったです。
合わされた音楽も絵も本当にピッタリで、賢治先生の生きて来られた時代を思いながら、心が痛くなりつつもあっと言う間の1時間でした。
山波先生の朗読をあらためて聞かせていただくと、今まで感じていたよりも更にもっと優しく静かに心に響いて、言葉には出来ないほど感動しています。
第2部 強い思いを感じ、心を寄せながら今の自分に出来る限りの力(声)で、デクノボーになりたい思いも込め、歌と群読に参加させていただきました。
今年も賢治祭に参加出来ましたことを心から感謝しております。スタッフの皆様本当にありがとうございました。

 

でくのぼう会の方々の朗読、構成が見事でした。
始まる前に山波先生の気配を感じて涙が出た。
熊谷先生のナレーション以下、とにかく皆さんの声が言霊で力があるのを感じました。
犲磴た佑豊瓩汎辰妨世錣譴討燭里わかる仕事や人に対する態度を若くない私が見ても改めて考えさせられ反省したりしました。
後半はなつかしの映像、先生もクラブ員の皆さんも若くて一生懸命で青い葉みたいでした。賢治先生とでくのぼう会の皆様有難うございました。

 

今回の賢治祭は、原点に立ち返るような、でくのぼうの生き方を今一度考えさせられる内容でした。
グスコーブドリのお話を取り上げながら、賢治さんや山波先生の悲願のようなものを感じました。
改めて自分もブドリ(賢治さん)のように生きたいです。
山波先生がデクノボー革命と名付けたこともすごく腑に落ちたというか、まず自分がデクノボーに徹して愛と奉仕をしないと世の中は変わらないと思います。
奇しくも、今回の参加人数は101人とのこと。101匹目の猿が浮かびました。ここから愛と奉仕のライフスタイルの生き方が広がるのではないかという気がしました。
また、今回は若い方々がたくさんいて、やはり場が明るくなり、会場の空気感が全然違いました。若い皆さんの素直な心が会場に流れて、明るい気持ちのよい空間になっていたのではないでしょうか。

 

明るく華やいだ入口を通って席に座ると、とても温かい空気に包まれていると感じられ、会場全体に愛が満ちているように思いました。
前半は、賢治さんとブドリのみんなの幸福のための自己犠牲と無私の献身の姿勢が静かに力強く伝わってきて涙が出、熱いものを受けとりました。「やろう!もっともっとやれる!」と思ってしまいました。
最後に101名で群読した「雨ニモマケズ」はしっかりと心に残りました。
賢治先生に皆で拍手する時、初めて賢治さんの存在(?)を感じ、涙が出ました。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:デクノボー宮沢賢治について

| ポラーノ@管理人 | 12:56 | comments(0) | - | pookmark |
宮沢賢治童話感想文(サムライ平和第13号より転載)その3 保阪嘉内宛書簡 【番外編】保阪嘉内宛ての手紙

「サムライ平和(ピース)第13号」山波言太郎総合文化財団編集発行 の「特集  宮沢賢治の童話を読む」にはたくさんの感想文が寄せられ、掲載されています。その中から、いくつかの感想文を当ブログに転載させていただくことになりました。

まずは、でくのぼう宮沢賢治の会メンバーの投稿感想文を何回かに分けご紹介致します。


 

 

保阪嘉内宛書簡
【番外編】保阪嘉内宛ての手紙

 保阪嘉内は、宮沢賢治の盛岡高等農林学校時代からの親友です。
 親友嘉内に宛てた手紙は七十三通現存していますが、賢治のあらゆる手紙の中で、若かりし賢治の最も生き生きとした姿が表れているのがこの嘉内に宛てたものだと思います。他の誰にも言えないような心情の吐露、時に励まし合い、時にぶつかりあう、常に真剣勝負の大きな想念の渦のような手紙を見ると、賢治がどれだけ深く嘉内を信頼していたのかが窺えます。同時に、賢治自身にも抑えきれないような矯激な思いを受け止めることができた嘉内という人の懐の大きさを感じずにはおれません。
 私は、賢治が嘉内に宛てた手紙の中の言葉に心から救われた経験があります。
 経緯の詳細は割愛しますが、子どもの頃から、一歩踏み誤ると真っ暗な闇の底に落ちてしまうような感覚があり、学生の頃とうとうその闇に入ってしまいました。それは、自分を含めた世の中の全て、宇宙の一切を否定してしまう、虚無といえるようなものでした。その虚無そのものに苦しみ、また虚無の中にいる自分を受け入れられずに苦しみました。
 保阪嘉内は、大正七年三月に盛岡高等農林学校を除名されます。賢治らと発行していた同人誌「アザリア」に書かれた嘉内の文章が要因となったといわれています。除名処分を受けたことを、嘉内は賢治からの手紙で知ることになるのですが、賢治は嘉内が除名になった原因について、教授らに確認をした上で、嘉内に「実はあなたは幾分虚無的なものと誤解された事が第一の原因な様です」と伝えました。その言葉の直後に、賢治はこう続けたのです。

 

事実あなたはさうらしい。けれども誰とて一度虚无思想に洗礼されなくて本当に一切を肯定する事ができませうか。

 

「ああ、自分の虚無には意味があることなんだ」と、私は、この言葉のおかげで、初めて自分の虚無を受け入れようという気持ちが生まれたのです。いつか一切を肯定できる時が来ることを信じて。
 それから、自分が虚無を超えていくまでには紆余曲折ありますが、虚無の私の手を最初に引っ張ってくれたのが、この言葉だったことには間違いありません。
 他にも、嘉内宛ての手紙の中には印象的な言葉があります。

 

かなしみはちからに、欲(ほ)りはいつくしみに、いかりは智慧にみちびかるべし。

 

 東日本大震災の後、たしか岩手の中学生数名が、各々好きな宮沢賢治の言葉を紹介していたのを電車の中の広告で見ました。その中の一人が、この言葉を紹介していたことに驚き、深い感銘を受けました。この子は、大震災の艱難を経て、この言葉を自分の中で本物にしたのだ、と。それは現代の希望そのものです。そのことを知ってから、この言葉は私にとっても特別な言葉になりました。

 


※ 今回ご紹介した手紙は、ちくま文庫『宮沢賢治全集』第9巻に、書簡49(大正七(1918)年〔三月十四日前後〕保阪嘉内あて封書)、書簡165(大正九(1920)年〔六月〜七月〕保阪嘉内あて封書)として収められています。

 

              (橘香 六花)

 

| ポラーノ@管理人 | 12:07 | comments(0) | - | pookmark |
サムライ平和14号のご案内

 

エゴから愛へ

人類文明の転換のために──

日本の心と平和を鎌倉から発進する総合誌

 

サムライ14表紙

サムライ平和(ピース)14号表紙

定価 1、000円+税

山波言太郎総合文化財団 発行

 

サムライ平和14号は山波財団迄 お電話 0467-25-7707をいただければお送り致します。

(送料2冊まで164円)火・水休
 

また下記の書店ホームページ  でもご購入いただけます宜しくお願い致します。

 

・有隣堂 本店(横浜市伊勢佐木町・関内駅)

・有隣堂 川崎(アトレ川崎・川崎駅)

・ジュンク堂 池袋本店(池袋駅)

・書泉グランデ(神田神保町・神保町駅)

・オリオン書房 ノルテ店(立川市曙町・立川駅)

 

(鎌倉市内の書店)

・松林堂(鎌倉駅東口駅前)

・鳥森書店(鎌倉駅東口)

・たらば書房(鎌倉駅西口駅前)

 

・NPOセンター鎌倉(鎌倉駅西口)

NPOセンター大船(大船駅西口)

 

JUGEMテーマ:デクノボー宮沢賢治について

| ポラーノ@管理人 | 11:50 | comments(0) | - | pookmark |
予告 サムライ平和(ピース)14号まもなく発行されます!

 

日本の心と平和を鎌倉から発信する総合誌

*サムライ平和14号のご案内*

 

※目次の一部を紹介します。

 

 

〈霊性をもとめて〉

 

生の断念〈人よ、動物からの脱皮を〉
           桑原啓善
不戦のための詩朗読と講演会・記録
1984・3・25(広島)平和記念館

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

賢治随想

 ―「霊性と文学」をめぐって―
          小野寺 功

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

新生した人           加藤 明

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

学術の正道をもとめて
――ソフィアとしての霊学(スピリチュアリティ)(1)    

            三浦正雄   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

元号から読み解ける  物心調和の理想世界の幕開け    

            宿谷直晃   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

〈評論・エッセイ〉より 

理想郷の実現に燃えて
   賢治と東蔵さん 〜東北砕石工場までのまっすぐな道〜
            牧 三晴

  など記事多数

 

 

サムライ14裏表紙写真

2019年7月 鎌倉市と逗子市の境 名越切通にて撮影〈表紙・裏表紙〉  写真・熊谷淑徳

 

| ポラーノ@管理人 | 11:26 | comments(0) | - | pookmark |
2019年(令和元年)賢治祭&近況報告

 

宮沢賢治祭 令和元年

2019年9月21日(土) 午後3時〜5時頃(時間未定)

前半「グスコーブドリと賢治の伝記」  

後半「イーハトーブの歌と朗読」(仮)

 

毎年恒例の賢治祭。今年は、新作です。どうぞご参加下さい。

※山波財団会員のみ参加できるイベントです。


2018賢治祭2

昨年(平成30年)の賢治祭

 

 

☆近況のご報告☆

熊谷えり子さん講座「学者アラムハラドの見た着物」を皆で読んでいます。

 

雨ニモマケズ碑

「雨ニモマケズ」碑(由比ヶ浜の山波言太郎総合文化財団にて)

 

| ポラーノ@管理人 | 10:04 | comments(0) | - | pookmark |
宮沢賢治童話感想文(サムライ平和第13号より転載)その2 学者アラムハラドの見た着物

「サムライ平和(ピース)第13号」山波言太郎総合文化財団編集発行 の「特集  宮沢賢治の童話を読む」にはたくさんの感想文が寄せられ、掲載されています。その中から、いくつかの感想文を当ブログに転載させていただくことになりました。

まずは、でくのぼう宮沢賢治の会メンバーの投稿感想文を何回かに分けご紹介致します。


 

 

学者アラムハラドの見た着物

 

 この作品は、残念ながら、途中から原稿が失われています。しかし、残された原稿だけでも大変な力を持っています。実は、賢治の死後に他の原稿の置き場所とは別の押入れから一篇だけ発見された作品だそうです。賢治にとって特別な作品だったのか、発表するに値しないと感じていたのか、「雨ニモマケズ」のように秘匿しておこうとしていたのか、その真意はわかりませんが、私にとっては特別な作品であることに変わりありません。
 アラムハラドは十一人の子どもを教えている学者です。その中でアラムハラドは子どもたちに問いかけます。小鳥が啼かないでいられず魚が泳がないでいられないように、人はどういうことがしないでいられないか、人が何としてもそうしないでいられないことは一体どういうことだろう、と。
 それに対して最初に「人は歩いたり物を言ったりいたします」と答えるタルラ。アラムハラドに「足や舌とも取りかえるほどもっと大切なものがないだろうか」と問い返され、「私は飢饉でみんなが死ぬとき若し私の足が無くなることで飢饉がやむなら足を切っても口惜しくありません」と答え直します。
 さらに、「人が歩くことよりも言うことよりももっとしないでいられないのはいいことです」と答えるブランダ。それを受けてアラムハラドは、「すべて人は善いこと、正しいことをこのむ。善と正義のためならば命を棄てる人も多い」「決してこれを忘れてはいけない。人の正義を愛することは丁度鳥のうたわないでいられないと同じだ」と答えます。
 最後にセララバアドという子は、こう答えるのです。

 

人はほんたうのいゝことが何だかを考へないでゐられないと思ひます。

 

 それを聞いて目を閉じたアラムハラドは、青く美しい心象を見ます。そして、こう教えます。

 

うん。さうだ。人はまことを求める。真理を求める。ほんたうの道を求めるのだ。人が道を求めないでゐられないことはちゃうど鳥の飛ばないでゐられないとおんなじだ。おまへたちはよくおぼえなければいけない。人は善を愛し道を求めないでゐられない。それが人の性質だ。これをおまへたちは堅くおぼえてあとでも決して忘れてはいけない。おまへたちはみなこれから人生という非常なけはしいみちをあるかなければならない。たとへばそれは葱嶺の氷や辛度の流れや流沙の火やでいっぱいなやうなものだ。そのどこを通るときも決して今の二つを忘れてはいけない。それはおまへたちをまもる。それはいつもおまへたちを教へる。決して忘れてはいけない。

 

 このセララバアドやアラムハラドの言葉は、私をずっと支えてくれました。世の中の全てがどうでもよくなって自暴自棄になりかけたときも、自分の中にある何を支えに生きていけばいいかわからなくなったときも。もう、これしかないという思いで、繰り返し繰り返しこの言葉を読みました。最近は、人を裁いてしまいそうになるときにも、この言葉を思い出します。
これからも、この言葉は私を支えてくれます。真実の言葉だからです。

                    (橘香 六花)

 

| ポラーノ@管理人 | 09:21 | comments(0) | - | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

宮沢賢治手帳topへ

 
 
熊谷えり子講演報告
人と自然がうたう愛のシンフォニー
ースピリチュアルな賢治童話の世界ー

 

**バックナンバー在庫状況**
でくのぼう宮沢賢治の会
会報誌について

現在、2号 8号 9号 10号
11号 12号 13号は在庫あります。
他の号についてはございません。
ご了承をお願いいたします。
 

在庫僅少です
会報誌14号発行
2015年8月15日


 
会報誌13号発行
2012年6月28日


 
会報誌12号発行
2010年9月21日


 
会報誌11号のご案内
 
会報誌10号のご案内
 
会報誌9号のご案内
 
会報誌8号のご案内

会報誌7号のご案内

今月の読書会(〜平成19年9月)
 

Category

Link

Entry



 ◎ブログへのコメントをありがとう
 ございます。
 ◎ブログ内記事と関連のないコメン
 トや宣伝のみ等と思われる場合は公
 開を見合わせていただいておりま
 す。よろしくお願いいたします。


Comment

Profile

Search

Archives

Feed

Others

Mobile

qrcode