Page: 1/29   >>
科学が信仰に追いつく日(7)

JUGEMテーマ:人生論

 

 

今、毎年恒例の賢治祭の準備をしています。今年は、賢治が生まれて120年です。

120年というと、とても昔のことのような、最近の話のような、複雑な心境がわきます。

それと共に、人のこの世の人生は短いものだな、だったら、先の先(死んだ後)まで見て、今やるべきことを見定め、流されず一生懸命生きていかないとと、近頃特に思ったりします。

 

賢治のメモ(口語詩裏)に、

 

一、異空間の実在 天と餓鬼、

   幻想及夢と実在、

二、菩薩仏並に諸他八界依正の実在

   内省及実行による証明

三、心的因果法則の実在

   唯有因縁

四、新信行の確立、

 

というのがあります。賢治は、信仰と科学が一致する地点である「法」を、誰もがわかる作品の形で、伝えようとしたのでしょう。

 

メモにもあるように、賢治の童話には、明確な「因果律」が描かれます。

自分が行ったことは、寸分狂いなく自分に返ってくるというのは、恐ろしいことです。今生で返らない場合は、来世で返ってくるというのもまた、恐ろしく真剣な現実です。今を生きるということは、そこまで重く、真剣なものなんだと思います。

 

 

宮沢賢治は自分の詩を「心象スケッチ」と呼んでいましたが、「心象」という言葉は、ウイリアム・ジェームスの『根本経験論』、オリバー・ロッジ『心霊生活』、平田元吉『心霊の秘密』、渋江保『心象 及び其の実験』等に出てくることを、大塚常樹氏が調査されていますが、これらの本は、いわゆる1848年にアメリカで発生したスピリチュアリズム、近代心霊研究の実験についての本なので、賢治もそれを知った上で、自身の実験の成果として、作品を残しておいてくれたことと思います。

 

桑原啓善先生は、賢治の親友だった森荘己池先生から、宮沢賢治には「迷った魂のようなものが、よく見えていたようだ」と聞いたそうですが、その賢治が、心配で心配で仕方なくてその魂の行方を見失ったのが、若くして亡くなった妹トシさんです。

 

「 とし子、ほんたうに私の考へてゐる通り

 おまへがいま自分のことを苦にしないで行けるやうな

 そんなしあはせがなくて

 従って私たちの行かうとするみちが

 ほんたうのものでないならば

 あらんかぎり大きな勇気を出し

 私の見えないちがった空間で

 おまへを包むさまざまな障害を

 衝きやぶって来て私に知らせてくれ。

 われわれが信じわれわれの行かうとするみちが

 もしまちがひであったなら

 究竟の幸福にいたらないなら

 いままっすぐにやって来て

 私にそれを知らせて呉れ。

 みんなのほんたうの幸福を求めてなら

 私たちはこのまゝこのまっくらな

 海に封ぜられても悔いてはいけない。

  (おまへがこゝへ来ないのは

   タンタジールの扉のためか、

   それは私とおまへを嘲笑するだらう。)

 

  (「宗谷挽歌」より、太字は草薙 )

 

 「タンタジールの扉」とは、『青い鳥』の著者メーテルリンク(ノーベル文学賞受賞者)の劇「タンタジールの死」にでてくるこの世とあの世の境に置かれた扉です。賢治が明らかに、「みんなの本当の幸い」のために、亡きトシさんと通信をしようとしていたのを痛いほど感じます。

 

 蓄音機と電球を発明した発明王、エジソンも親子三代にわたるスピリチュアリストでした。助手のミラー・ハッチンソン博士は「エジソンと私は、心霊の分野を研究することによって、人間の一生を考える上で大変重要な事実が明らかになっていくだろうと確信していた」といっています。史上初めて動く物体の遠隔放送を成功させ(テレビ開発の先駆者)、光ファイバー等を開発したジョン・ロジー・ベアードも、そうだったようです。

 

 私たちも、みんなの本当の幸いを求めるのなら、賢治いうように、みんなのほんたうの幸福を求めてなら 私たちはこのまゝこのまっくらな 海に封ぜられても悔いてはいけない。」、その気持ちのところに立って、どこまでも真実を求めて生きていかなければいけないと思います。

 

 

 参考文献 『宮沢賢治の霊の世界』桑原啓善、でくのぼう出版

 

(つづく)

 

 

 

| 草薙建 | 15:41 | comments(0) | - | pookmark |
吉永小百合さんの賢治
少し前になりますが、今年1月、長崎に行って数年ぶりに友人と会い、長崎を案内してもらいながら、原爆資料館をみたり、永井隆記念館を訪ねたりしてきました。また、世界遺産に名乗りをあげている大浦天主堂コルベ神父の記念館を見ながら、キリスト教と原爆が落とされた地・長崎についていろいろ考えさせられました。

長崎のもうひとつの目当ては、山田洋次監督の長崎の原爆をテーマにした映画「母と暮らせば」公開記念で開かれた吉永小百合さんの朗読会でした。「母と暮らせば」は、山田洋次監督が、戦争を知らない世代に、何とかして戦争を伝えたい、との思いで作られた映画で、監督自身も一番熱が入った作品と語っておられました。そして、その主役の母親役には、「原爆詩の朗読をやってこられた吉永さん以外には考えられない」と監督から熱望された吉永さんが出演されていたのです。

このようなきっかけで、毎週日曜日の夜10時30分から、TBSラジオ「今晩は、吉永小百合です」という番組を聞いています。毎回、いろんなテーマでのトークと音楽が流れています。

4月のある日の放送が、「宮澤賢治特集」でした。賢治の生い立ちなどが吉永さんのトークで紹介されなかなか新鮮でした。
「賢治は、自分で作曲もしていました」といった内容のトークのあとで曲が紹介されました。

それが、青木由有子さん「星めぐりの歌」でした。吉永さんから紹介され、何とも不思議な、うれしい気持ちになりました。
ラジオから流れる由有子さんの歌を不思議な気持ちで聞いていました。

そして、番組の終わりの方では、吉永さんが賢治の詩を朗読してくれました。
それが、「種山ケ原」「政治家」でした。

朗読会の舞台で拝見した吉永さんは、背筋がスッと伸びた凛とした姿で颯爽としていました。スクリーンから受ける、穏やかな、おしとやかなイメージとは違って機敏な動きで足運びが早く、30代くらいのキャリアウーマン風(?)か活動家のような雰囲気もありました。
吉永さんは、原爆詩の朗読を、ボランティアで30年も続けて来られてきて、広島や長崎の被爆者の詩や沖縄戦をテーマにした作品などの朗読CDを出されています。
3.11以降は、福島の原発事故の被災者の詩の朗読もされているようです。エッセイからは、被爆者に寄り添う気持ちがひしひしと伝わってきます。

以前、テレビでも、原発反対、核廃絶のために原爆を落とされた日本が世界をリードすべき、とはっきりと自らの主張を語られていました。

長崎の舞台では、長崎の被爆者の詩などを数篇朗読されました。

そういった姿勢が、ラジオの朗読で「政治家」を選んだのでしょうか。

   政治家       宮澤賢治
 あっちもこっちも
 ひとさわぎおこして
 いっぱい呑みたいやつらばかりだ
      羊歯の葉と雲
         世界はそんなにつめたく暗い
 けれどもまもなく
 そういうやつらは
 ひとりで腐って
 ひとりで雨に流される
 あとはしんとした青い羊歯ばかり
 そしてそれが人間の石炭紀であったと
 どこかの透明な地質学者が記録するであろう



この詩は、賢治らしくない(?)毒気が思わずにじみでているような感じ、
いや、賢治の孤高の精神の気高さ、でしょうか?
いや、自分のまわりにも、こういう人って、いっぱいいる、という共感も・・・
とにかく好きな詩です。

今年は、宮澤賢治の生誕120年ということで、NHK「カルチャーラジオ」で取り上げられたり、雑誌の特集が組まれたりしています。
いろんな人が賢治を取り上げ、声で聴いたり、目で見たり、文字で読んだり、といろんな人がいろんな角度で賢治を教えてくれ、そのたびに新たな発見をさせてもらっているところ、いやいや、まだまだ知らないことばかり、奥が深いです、賢治さん。

それにしても、吉永さんの賢治朗読は新鮮でした。
そして、何よりも、被爆者や被災者に「寄り添って」いくという吉永さんの姿勢に学びたいと思います。
 
| 甲斐次郎 | 22:35 | comments(1) | - | pookmark |
宮沢賢治生誕120年 でくのぼう会のイベント

今年は宮沢賢治生誕120年にあたり、巷ではいろいろ催しがありにぎやかです。

でくのぼう宮沢賢治の会では、恒例の夏のイベント「子ども会」、秋には「賢治祭」を予定しています。
今はそれらに向けてそれぞれの立ち場で、一生懸命練習をがんばっているところです。

今年もヒカリノアセを感じたいですね。

子ども会3
昨年の子ども会

講演&賢治祭5
昨年の賢治祭


 
| ポラーノ@管理人 | 12:40 | comments(0) | - | pookmark |
虔十公園林整備だより

仕事の合間や作業日などにこつこつ竹の間伐整備をはじめて今年で五年目。当初は人の侵入を拒むほど荒れ、鬱蒼としていた竹林も木漏れ日がさすような柔らかい空間になりつつあります。

公園入口
公園入口

竹林を流れる水で大賀蓮も毎年可憐な華を咲かせてくれていますが、今年は水漏れ等の問題で蓮田はいったいどうなるか…?
蓮の生命力がかすかな希望です。
そして、あと何年かかるかわかりませんが、子ども達が竹林や広場を駆け回る姿を想像し、虔十と一緒に笑いながら愉しく作業をしたいと思っている今日この頃です。

後ろに山桜
後方には山桜のご神木がかすかに… 2016/1/16


公園林

さて虔十はその秋チブスにかかって死にました。平ニも丁度その十日ばかり前にやっぱりその病気で死んでゐました。
ところがそんなことには一向構わずに林にはやはり毎日毎日子供らが集まりました。

【虔十公園林より】


 
JUGEMテーマ:こころ





 
| デメ | 20:59 | comments(0) | - | pookmark |
『双子の星』と丸い星座図

 『星の科学』という本の中に丸い星座図が入っていました。
くるくる回して見ていると、星ぼしはめぐってその季節にはきちんと同じ場所に現れる。規則正しくめぐっているのだなーとつくづく思いました。
 童話『双子の星 ー』の中でポウセさんとチュンセさんは、命がけで大烏に入った毒を吸い出し、天から追放されるかもしれないのに、さそりを時間迄にその場所に送り届けようとしている姿が目に浮かんできました。
 ポウセさんとチュンセさんの心に触れて心を改めたさそりは、罪をまっ赤な火で燃やし、大烏も、さそりもあたらしい歌を歌って、しっかり自分のお役目を果たしているのだろうと思います。私たち世界中の人間もあたらしい歌を歌う人にならなくてはと思いながら丸い星座図をゆっくり回して見ました。

丸い星座図
※上の星座早見盤(画像)は『星の科学』に付属のものではありません。
 
JUGEMテーマ:こころ
| ヒームカ | 18:20 | comments(0) | - | pookmark |
佐々木喜善と宮沢賢治
私の研究(?)テーマ「佐々木喜善と宮沢賢治・・二人が熱中した宗教や霊界の話とは?」

「遠野物語」の話者である佐々木喜善と宮沢賢治の意外な交流。
二人の晩年、喜善の信仰する大本教が賢治によって痛烈に批判されても、喜善は「宮澤さんにはかなはない。すごいですね、あの人は。全くすごいです」と言って嬉しがっていた。という、ちょっとしたエピソードですが、実はその会話には大きな意味があると思います。
 今まで二度にわたって検証してきましたが、今回は最後の検証として、その会話の真実(?)に迫ってみたいと思います。

賢治と喜善
喜善と賢治2

喜善の生家周辺の風景
喜善の生家周辺

土淵町から見る早池峰山
土淵町から望む早池峰山
 
| いわてっこ | 07:43 | comments(1) | - | pookmark |
長堀優(育生会横浜病院長)の記事が評判です。

昨年でくのぼう宮沢賢治の会「賢治祭」と共にご講演いただいた長堀優先生の
記事が今、注目をあびています。

「致知」2月号に「がんの神様ありがとうー生命のメッセージー」として、
村上和雄 筑波大名誉教授との対談です。

10万回「ありがとう」と、自分の細胞さんに声かけをし続けたらガンが消えたと
いう末期がんのある人の話など中味が濃いです。

宮沢賢治と同じ利他の精神の長堀先生の記事を少しだけ読みたい方はこちらへ。


長堀先生
長堀 優(ながほり ゆたか)先生






| かりん | 12:13 | comments(1) | - | pookmark |
無題

冬の花の写真です。
(山波文化財団のK・Yさん撮影)
可憐ですが、でくのぼうの姿にもみえてきます。

梅

水仙

話は変わりますが
今日、山波言太郎総合文化財団のHPにある公式ブログが更新されていました。
そのお話がほのぼのおかしくて
なごんでしまいましたのでご紹介します。
| ポラーノ@管理人 | 23:34 | comments(0) | - | pookmark |
あけましておめでとうございます

宮沢賢治の心が
私たちのなかにもっと深くしみこんでいきますように
あらゆる街のなかを風のように流れていきますように
そうして
地球が平和な美しい星になりますように
皆が幸せになりますように
賢治先生と私たちの願いは同じただ一つ
だから
でくのぼう宮沢賢治の会は
今年も賢治先生の爐っかけ瓩任
賢治先生  皆々様
本年も懲りずにどうぞよろしくお願いします

                  2016年元旦
                     かりん

2016元旦富士-2



 
| かりん | 07:30 | comments(2) | - | pookmark |
2015年はありがとうございました

皆様良いお年をお迎えください
2016年もどうぞよろしくお願いいたします。

              でくのぼう宮沢賢治の会


 
| ポラーノ@管理人 | 21:00 | comments(0) | - | pookmark |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

宮沢賢治手帳topへ

 
 
熊谷えり子講演報告
人と自然がうたう愛のシンフォニー
ースピリチュアルな賢治童話の世界ー

 

**バックナンバー在庫状況**
でくのぼう宮沢賢治の会
会報誌について

現在、2号 8号 9号 10号
11号 12号 13号は在庫あります。
他の号についてはございません。
ご了承をお願いいたします。
 

在庫僅少です
会報誌14号発行
2015年8月15日


 
会報誌13号発行
2012年6月28日


 
会報誌12号発行
2010年9月21日


 
会報誌11号のご案内
 
会報誌10号のご案内
 
会報誌9号のご案内
 
会報誌8号のご案内

会報誌7号のご案内

今月の読書会(〜平成19年9月)
 

Category

Link

Entry



 ◎ブログへのコメントをありがとう
 ございます。
 ◎ブログ内記事と関連のないコメン
 トや宣伝のみ等と思われる場合は公
 開を見合わせていただいておりま
 す。よろしくお願いいたします。


Comment

Profile

Search

Archives

Feed

Others

Mobile

qrcode