Page: 1/2   >>
癒される童話


  今日は、ちょうど「ちくま文庫」の6巻をでたらめに開いて読んでみました。
異稿「三人兄弟の医者と北守将軍」、これ実はすごく好きなんですね。病気の
馬の会話とか、一番傑作なのは、いぢけた桃の木のところです。まるで浅草
オペラですが、この桃の木、どれだけ泣くのでしょう。
 しばらく読むと、本当に癒されました。かわいそうな老馬や病気の桃の木と
いっしょに私も。やっぱりすごいなあ、賢治さんの作品は。やっぱりデクノボー
なのだなあ。
 「全く全くこの公園林の杉の黒い立派な緑、さはやかな匂、夏のすずしい陰、
  月光色の芝生がこれから何千人の人たちに本当のさいはひが何だかを教へる
  か数へられませんでした。」(「虔十公園林」より)
 

                     6月13日 かりん


 空と松の樹大
 
 あしさい大
 写真◎熊谷淑徳



| かりん | 18:13 | comments(5) | - | pookmark |
 罪や、かなしみでさへそこでは  聖くきれいにかがやいてゐる。

 
罪や、かなしみでさへそこでは
 聖くきれいにかがやいてゐる。
              宮沢賢治

今また どくだみの白い花の十字架が
庭いっぱいに立ちました
「世界がぜんたい幸福になりますように」
「世界がぜんたい幸福になりますように」
白い花から、祈りの声がきこえてきます
天へ向かって祈るたくさんの声
どくだみのあの独特の芳香はこれ?
私も思わず白い花に手を合わせて拝みます


                 5・30朝 かりん



 どくだみの花1

 どくだみの花2
 写真@熊谷淑徳



| かりん | 15:48 | comments(2) | - | pookmark |
ポラーノの広場のうた


   ポラーノの広場のうた

 つめくさ灯(ひ)ともす 夜のひろば
 むかしのラルゴを うたひかはし
 雲をもどよもし 夜風にわすれて
 とりいれまぢかに 年ようれぬ
 
 まさしきねがひに いさかふとも
 銀河のかなたに ともにわらひ
 なべてのなやみを たきぎともしつつ、
 はえある世界を ともにつくらん


                宮沢賢治

 
 つめくさのあかりが、あちこちともる今日この頃、海浜公園も道端も、よそのお庭にもいっぱいです。つめくさの灯(ひ)をともし、大切に小さな灯を私の胸のなかにともし、そのあかしをたどってポラーノの広場へ行こう。みんなで行こうよ、今日はリラのクラブコンサートがある。みんなで歌おう。

                 5月19日朝  かりん


つめくさ1


つめくさの広場

写真◎熊谷淑徳
| かりん | 10:22 | comments(4) | - | pookmark |
 心象スケッチ「スヰトンを喫す」を読んで

   ああ友だちよ、
   空の雲がたべきれないやうに
   きみの好意もたべきれない
   ぼくははっきりまなこをひらき
   その稲を見てはっきりと云ひ
   あとは電車が来る間
   しづかにこゝへ倒れよう
   ぼくたちの
   何人も何人もの先輩がみんなしたやうに
   しづかにこゝへ倒れて待たう


   

 世の為人の為に働いて働いて無償の愛に生きて、もう二度と起き上がれなかった人は、これまで沢山いただろう。それこそ無数に。沢山のデクノボーさんが倒れて、けれどもまた沢山のデクノボーさんが生まれ立ち上がる。いのちの連鎖、透明なデクノボーさんの群を、私は今、見ている。


                            かりん


種山の雲(平野)

雫(菅沼)





| ポラーノ@管理人 | 18:04 | comments(3) | - | pookmark |
一期一会のキックキックトントン


 はまなみ作業所さんで、「雪渡り」の指人形を上演させてもらう
ことになった。

紺三郎

 20分の短縮版「雪渡り」を作っていて、「ああ、なんて美しくて
楽しいのだろう」と感動で胸がいっぱいになる。そうしたら、日曜
日の夜集まって練習している時、同じことを誰彼となく言う。こぎ
つね紺三郎と四郎とかん子の出合いが一期一会であったように、こ
の作品世界との出合いは、いつでも誰でも「一期一会」なのだと、
しみじみ思う。「人は去り、愛は残り」という「草山の歌」(山波言
太郎作詩 青木由有子作曲)のフレーズが胸に響く。
 はまなみさんでは2回続けて上演する。(腕痛いぞ)観てくださる
1人1人の方が、どうか「雪渡り」の美しい楽しい世界と一期一会の
出合いをなさいますように。1人残らず四郎とかん子になって、紺三
郎の月夜の幻燈会に行って、きびだんご食べて、キックキックトント
ンと踊るように。裏方の我々は毎日腕立て伏せして、鍛えるゾ!

                かりん

四郎カン子紺三郎


| かりん | 15:24 | comments(5) | - | pookmark |
2月の朝


けさもまた泪にうるむ木の間より東のそらの黄ばら哂へり

                                  六一九


2月は1年中で1番寒いです
手指がじんじんしびれるほど寒い明け方の
祈りは、強く鋭く鍛えられるようです。

雪の羅須地人1



ひゞ入りて
凍る黄ばらのあけぞらを
いきをもつかず かける鳥はも
                     六三七

                      宮沢賢治


朝、若い賢治さんの短歌を声を出して読んでみると
心がしずかに万象と
ひびき合うような心地がしてきます。

                           かりん

朝日羅須地人1

雪の羅須地人2

(写真 岩手県花巻市下根子桜)


| かりん | 19:05 | comments(7) | - | pookmark |
2013年 明けましておめでとうございます
 

宮沢賢治は日本の青空です

雨の日も 雪の日も 空のむこうに

賢治の青空が見えます

日本から世界へ

デクノボーの心が広がりますように

世界がぜんたい幸福になりますように


                  2013年1月1日  熊谷


2013-1-1空雲2

2013-1-1空雲

2013年明けの薔薇

2013年明けの薔薇2

今年もよろしくお願いいたします。


写真◎熊谷淑徳
| かりん | 05:00 | comments(7) | - | pookmark |
六月は白い花が

                          2012. 6.10


  (一)ドクダミ

庭は白いドクダミの花がいっぱい
どくだみ天国、地上天国
白いちいさな十字架の群れ

どくだみの白い花




  (二)グリーンランタンの白い花

トンネルに掲げられたグリーンランターン
グリーンランタンに白い花が咲いているよ
ほら、トンネルの入口にしきつめられた
白い小花 細い五弁の花 花 花 花の落下
無数の花弁を踏みしめて、私は行く
トンネルのむこうへ

五弁の白い花




  (三)紫陽花

緑から虹色へ、うつろう刹那の花の色
紫陽花の白い花弁を幻視する
たしかにある永遠の白い花
せつな という花

あじさい




  (四)アリッサム

かおりだけの白い花
アリッサム アリッサム
おもかげだけの少年のように
どこかに 咲いている
アリッサム 永遠の少年
のように




                     かりん


  今朝、家を出て仕事場迄に出会った花たちへーー  



 写真◎yoshinori kumagai
| かりん | 09:50 | comments(8) | - | pookmark |
グリーン ランターン

   グリーン ランターン
                2012. 4. 1

トンネルの入口の みどりのランタン
冬じゅう くすんだ赤だったのに
今日は みどりになっています
みどりのランタン なつかしいランターン

トンネルを一つ抜けたら
ことし はじめての ウグイスの声
ああ なつかしい あの声

空は すっかり春の空です
なつかしいケンジブルー
私はここから また 旅に出る
       (寅さんじゃないよ…)


                      かりん


春の空

春花ざかり

写真◎yoshinori kumagai
| かりん | 18:38 | comments(5) | - | pookmark |
迎春

ピンクちゅーりっぷ


       迎春
 
2012年、年が明けました
3・11以後、荒野の如き日本
けれども、必ず春は来る
どんなひとにも
地球の上に、すべてのいのちに
先は、まだ見えないけれども必ず
私たちの胸のなかの希望の火を
燃えたたせよう
そして
新しい時代を、呼ぼう
 
おお朋だちよ いっしょに正しい力を併せ われらのすべての田園とわれらのすべての生活を一つの巨きな第四次元の芸術に創りあげようでないか
                    宮沢賢治
 
山波先生は、今年は「芸術革命」を断行するといっています。すなわち賢治のいう四次元芸術の実践の時機(とき)がきたのです。私たちはこのときを逃さず、しっかりやりましょう。
                                     (熊谷)


バラひとり

空と松
photo◎yoshinori kumagai
| かりん | 00:05 | comments(10) | - | pookmark |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

宮沢賢治手帳topへ

 
 
熊谷えり子講演報告
人と自然がうたう愛のシンフォニー
ースピリチュアルな賢治童話の世界ー

 

**バックナンバー在庫状況**
でくのぼう宮沢賢治の会
会報誌について

現在、2号 8号 9号 10号
11号 12号 13号は在庫あります。
他の号についてはございません。
ご了承をお願いいたします。
 

在庫僅少です
会報誌14号発行
2015年8月15日


 
会報誌13号発行
2012年6月28日


 
会報誌12号発行
2010年9月21日


 
会報誌11号のご案内
 
会報誌10号のご案内
 
会報誌9号のご案内
 
会報誌8号のご案内

会報誌7号のご案内

今月の読書会(〜平成19年9月)
 

Category

Link

Entry



 ◎ブログへのコメントをありがとう
 ございます。
 ◎ブログ内記事と関連のないコメン
 トや宣伝のみ等と思われる場合は公
 開を見合わせていただいておりま
 す。よろしくお願いいたします。


Comment

Profile

Search

Archives

Feed

Others

Mobile

qrcode