Entry: main  << >>
賢治さんと剣舞〜銀河と森とのまつり 5
  原体剣舞と同じく羽根子剣舞である熊野田念仏剣舞は、伝承の由来に霧山達谷に住む大武丸並
 びに高丸の悪鬼討伐のことが書かれており、この剣舞は明治十年江刺郡伊手村漆立屋敷から
 伝えられたとあります(*5)。伊手村漆立屋敷は、上伊手地区とのことです。(*6)。

 奥州市教育委員会江刺支所に問い合わせたところ、この剣舞は現存しないとのことでした。
 「江刺の芸能」によれば、原体村に剣舞を伝えた増沢剣舞は、もともと鹿踊りとともに、文政十年
 伊手二渡地の神(地名)から伝わったとあります。
 付属の地図をみますと(とても見にくいのですが)、この二渡地の神あたりというのは、賢治さんが
 調査を行った阿原山の登山道の入り口に広がる地域(地質調査の際はこの登山道をおりてき
 た?)で、上伊手地区にあたります。

 ということは賢治さんが最初に目にした上伊手剣舞というのは、(原体村に直接に剣舞を伝えた増
 沢剣舞を父とすれば)祖父にあたるの剣舞である可能性があります。
 そしてまた上伊手地区には、達谷に住む鬼の伝承を持つ熊野田剣舞の伝承元もありました。
 中路氏によれば、漆立屋敷に伝承する剣舞の由来書は、ほとんど熊野田剣舞の由来書と同じであ
 るが、「悪路王(大武丸、高丸)」にかんする記述は漆立の由来書には記されておらず熊野田のオリ
 ジナルであると考えられておられます。(*6)
  
(写真1)
画像1

 では伝承はどこからきたのでしょうか?
 

(写真2)
画像2

 門屋光昭氏によれば、「岩手の人がもっとも嫌う伝説の一つに、東磐井郡平泉町の達谷の窟伝説
 がある」とし、さらに「江刺地方には、大武丸(大嶽丸)の子人首丸(ヒトカベマル)にまるわる話が多 
 く、15、16歳の若武者として語られている。達谷の窟を逃れた人首丸は、北上川支流伊手川をの
 ぼり、江刺市原体の鬼渕に潜み、さらに藤里の愛宕山の洞窟に隠れた。しかし、追撃は急で、米里
 の大森山(820メートル)にたてこもり、ついに物見山(種山870メートル)に陣をはった田村麻呂の
 女婿の田村阿波守兼光に討たれた。」(下線部引用者)とのことです。(*7)


(写真3)
画像3
 
 原体剣舞の庭元である菊池正美 氏は、インタビューで悪路王の部分は賢治さんの全くの創作だ
 と答えられてました。(*8)

(写真4)
画像4

 もしかしたら、鬼の伝承を嫌がっ たことで、その部分は伝本から外されたのかもしれません。
 それにしても賢治さんはこれらのことを知っていたのでしょうか?
 その可能性 は低いと思います。なぜなら、剣舞の伝本は、他の人に見せることを禁じられ、舞う際
 には庭元が必ず携行しなければ踊りが狂うといわれており、大 事にされているものです。
 また原体村でも、もともとは長男のみに伝えたもの、他に伝わらせないために他の場所へいく可能
 性がある次男 などには伝えなかった(田原村O氏談)ということを考えれば、賢治さんが伝本見た
 り、あるいは伝承を聞くということは考えにくいことです。

(写 真5)
画像5

 また浜垣氏のブログ記事の中に、 江刺市(現在は奥州市)に属する原体地区が、アテルイが大活
 躍した789年の巣伏村の戦いの主戦場であった(*9)ということが書かれてありま した。

(写真6)
画像6

(写真7)
画像7
 
 *5 江刺の芸能 江刺市教育 委員会
 *6 「ひとつのいのち」考 中路正恒 
     http://www2.biglobe.ne.jp/~naxos/MiyazawaKenji/Hitotsuinochi.htm
  *7 「北の鬼の復権」 門屋光昭 第13回えみし文化ゼミナール
    http://www.jomon.com/~emisi/material/10_1999.9/kadoya1-3.htm
  *8 悪路王伝説 定村忠士 日本エディタースクール
 *9 「宮沢賢治の詩の世界」より「たゝかいにやぶれし神(1)」
    http://www.ihatov.cc/blog/archives/2006/01/1_22.htm
 

 
| 風志野はるか | 11:21 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

宮沢賢治手帳topへ

 
 
熊谷えり子講演報告
人と自然がうたう愛のシンフォニー
ースピリチュアルな賢治童話の世界ー

 

**バックナンバー在庫状況**
でくのぼう宮沢賢治の会
会報誌について

現在、2号 8号 9号 10号
11号 12号 13号は在庫あります。
他の号についてはございません。
ご了承をお願いいたします。
 

在庫僅少です
会報誌14号発行
2015年8月15日


 
会報誌13号発行
2012年6月28日


 
会報誌12号発行
2010年9月21日


 
会報誌11号のご案内
 
会報誌10号のご案内
 
会報誌9号のご案内
 
会報誌8号のご案内

会報誌7号のご案内

今月の読書会(〜平成19年9月)
 

Category

Link

Entry



 ◎ブログへのコメントをありがとう
 ございます。
 ◎ブログ内記事と関連のないコメン
 トや宣伝のみ等と思われる場合は公
 開を見合わせていただいておりま
 す。よろしくお願いいたします。


Comment

Profile

Search

Archives

Feed

Others

Mobile

qrcode