Entry: main  << >>
ネパール大地震
このたびのネパール大地震で、多くの尊い命が犠牲になりました。
亡くなられた方には心よりご冥福をお祈り申し上げます。
ニュースを見るたびに、亡くなられた方の数が増えていき、胸を締め付けられる思いです。
こんなときにどうしても思い出す一節があります。


これは数でかぞえてはいけない
三千とか 一億とか
蛙の学校では
算数授業をもうとうから止めている
生徒は一つで何でもかぞえるよう
しつけられている
死についてもそうだ
(詩「黎明」より 桑原啓善『警告詩集 アオミサスロキシン』所収)
 
「一人の死は、すべての人の死、人類の死です。ここには地球ほどに重い命がある。」
(桑原啓善『警告詩集 アオミサスロキシン抄』より)
 
亡くなってしまった方も生きている方も、一人一人の命が本当に大切にされる在り方を求めていきたいです。
 
今回のネパール大地震に対して、東日本大震災を経験したわれわれ日本人として、いろいろな意味で責任を感じさせられています。
「何か自分に出来ることはないか」
緊急支援の意思とともに、自分の日々の生き方を問われる思いでいます。
 
緊急支援については、甲斐次郎さんが書いてくださっているように、心あるNGOの存在を多くの方に知っていただいて、本当に必要な支援がネパールの方々に確実に届くことを願います。
 
ネパールの将来、そして世界の将来を担うのは子どもたちです。
賢治の精神を託すべく創られたケンジ・インターナショナル・スクールの生徒さんたちは、将来率先して社会を良い方向に変えていくと信じています。
その子どもさんたちを育てる、世界でも稀有な学校ケンジ・インターナショナル・スクールの支援を、まずは賢治の意思を引き継ぐ同志として行っていきたいと思います。
 
tenさん、状況報告本当にありがとうございます。
続報をお待ちしております。
 
 
| 橘香 六花 | 11:31 | comments(1) | - | pookmark |
Comment
「亡くなってしまった方も生きている方も、一人一人の命が本当に大切にされる在り方を求めていきたいです」ほんとうですね。
私は、今、押し寄せる情報にあっぷあっぷで、
真実をつかめているのかいつも自信がないのですが、
みなさんの投稿を読むと、ナンダさんのエッセンスが良くつかめます。いつもどうもありがとうございます。
Posted by: ten |at: 2015/05/07 9:04 AM








     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

宮沢賢治手帳topへ

 
 
熊谷えり子講演報告
人と自然がうたう愛のシンフォニー
ースピリチュアルな賢治童話の世界ー

 

**バックナンバー在庫状況**
でくのぼう宮沢賢治の会
会報誌について

現在、2号 8号 9号 10号
11号 12号 13号は在庫あります。
他の号についてはございません。
ご了承をお願いいたします。
 

在庫僅少です
会報誌14号発行
2015年8月15日


 
会報誌13号発行
2012年6月28日


 
会報誌12号発行
2010年9月21日


 
会報誌11号のご案内
 
会報誌10号のご案内
 
会報誌9号のご案内
 
会報誌8号のご案内

会報誌7号のご案内

今月の読書会(〜平成19年9月)
 

Category

Link

Entry



 ◎ブログへのコメントをありがとう
 ございます。
 ◎ブログ内記事と関連のないコメン
 トや宣伝のみ等と思われる場合は公
 開を見合わせていただいておりま
 す。よろしくお願いいたします。


Comment

Profile

Search

Archives

Feed

Others

Mobile

qrcode