Entry: main  << >>
「おたすけもちあん」

 ケンジ・インターナショナル・スクール 緊急義援金のお願い」のチラシが置かれたその日にチラシを手にすることが出来、会員以外の方にもお渡ししてよいのであれば、ぜひ読んで知っていただきたい方が数名頭に浮かびました。その中のお二人は、私が長年通い続けている西山製パン工房・サンレモの店長さんとスタッフの女性でした。
 サンレモさんではかなり前から「おたすけドーナツ」を作り、貧困や飢えに苦しんでいる世界中の人たちの支援活動をしているいくつかの団体へ全額を寄附されたり、昨年は、「おたすけコーンフレーク」を作り、国境なき医師団に同じく寄附されているのを知っていたからなのですが、同じ様に何かしていただけたらとの思いは全くなく、ナンダさんや学校のこと、震災後の現状やナンダさんの現在の活動を、ただ知っていただきたいとの思いからでした。
 数日後、スタッフの女性にチラシをお渡しした時に、店内に貼って下さると言っていただいただけでもありがたくとても嬉しかったのですが、後日パンを買いに行った時に、おたすけの何かを作って下さるとのお話があり、驚きと共に店長のお気持ちに感謝と申し訳ない思いで一杯になりました。
 それから数日後お店に行くと、レジ前のショーケースの上に「学校再建・おたすけもちあん」が並んでいるのを目にした時は本当にありがたく、ただもう「本当にありがとうございます。」と繰り返すばかりでした。商品であるパン作りや翌日の仕込みだけでも大変な作業であるのにケンジ・インターナショナル・スクールの為だけに「あんもち」を作って売り上げの金額を寄附して下さり、しかも学校が再建するまで続けて下さるとのこと。ナンダさんの活動と、子どもたちや学校に心を寄せていただき、お忙しい中で時間と労力を割いて「おたすけもちあん」を作って下さっているサンレモの店長さんとご協力下さっていますスタッフの皆さんに心より感謝申し上げます。本当に本当にありがとうございます。
 最後に、お店に貼られています店長のNさんのお思いをご紹介させていただきます。

  「世界中の子どもたちが
  等しく幸せになりますように」
  「大人として欲望を自制し
  子供達に輝く希望ある未来を
  (株) 西山製パン工房サンレモは
  原発、原発再稼動に反対します」

〈追記〉
店頭に並ぶ「ネパール・おたすけ」のパンは、今までは「もちあん」でしたが、今後は「もちあん」以外のパンも(1日に1種類)作って下さるとのことでした。先日伺った時には「おたすけ・クロワッサン」が並んでいました。

                                         (Iさん)

おたすけパン3

おたすけパン2

おたすけパン1




 
| ポラーノ@管理人 | 06:58 | comments(2) | - | pookmark |
Comment
ナンダさんの募金に関わってわかったのが、みんな口には出さないけど、こちらから働きかけてみると「何かしたい」という気持ちを持っている人が結構いるらしいということでした。小さくても奇麗な心を持った人達が繋がっていくと、もっといい世の中になるでしょうね。
Posted by: 黄色のトマトジュース |at: 2015/08/04 11:03 PM
一人一人が、サンレモの店長さんのように、自分にできる最善の善意で生きるようになれば、みんなが日常を通じてそうなれば、全てが一瞬にして良くなる、そういう時代が必ずあると感じることができました。
本当にありがとうございます。
パンも本当においしいパンで、涙がでそうになりました。

「いまやわれらは新たに正しき道を行き われらの美をば作らねばならぬ」「芸術をもてあの灰色の労働を燃せ」「ここにはわれら不断の潔く楽しい創造がある」
宮沢賢治「農民芸術概論綱要」より
Posted by: 草薙 |at: 2015/08/06 2:48 PM








1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

宮沢賢治手帳topへ

 
 
熊谷えり子講演報告
人と自然がうたう愛のシンフォニー
ースピリチュアルな賢治童話の世界ー

 

**バックナンバー在庫状況**
でくのぼう宮沢賢治の会
会報誌について

現在、2号 8号 9号 10号
11号 12号 13号は在庫あります。
他の号についてはございません。
ご了承をお願いいたします。
 

在庫僅少です
会報誌14号発行
2015年8月15日


 
会報誌13号発行
2012年6月28日


 
会報誌12号発行
2010年9月21日


 
会報誌11号のご案内
 
会報誌10号のご案内
 
会報誌9号のご案内
 
会報誌8号のご案内

会報誌7号のご案内

今月の読書会(〜平成19年9月)
 

Category

Link

Entry



 ◎ブログへのコメントをありがとう
 ございます。
 ◎ブログ内記事と関連のないコメン
 トや宣伝のみ等と思われる場合は公
 開を見合わせていただいておりま
 す。よろしくお願いいたします。


Comment

Profile

Search

Archives

Feed

Others

Mobile

qrcode