Entry: main  << >>
第2部 長堀 優講演会(報告)
長堀 優先生講演会(第2部)
『日本の目覚めは世界の夜明け』
 ー日本人の遺伝子に古来から深く浸み込んだ

  この素晴らしい精神性

講演&賢治祭3
長堀 優(ながほり ゆたか)先生
(育生会横浜病院 院長)
壮大なスケールのお話をスライドを使って
わかりやすく講演して下さいました。


講演&賢治祭1
会場は満席。講演の最後に質疑応答のコーナー(司会 熊谷えり子)があり
長堀先生はたくさんの参加者からの質問に答えられていました。


講演&賢治祭2
講演会の後は、先生のご著書を購入された方を対象に
サイン会がありました。
長蛇の列ができていましたが、和やかにとり行われていました。



☆寄せられたアンケートより抜粋した感想を幾つかご紹介します。
 
長堀先生、Drから見えない世界のお話が聞けて嬉しいです。
最近、お医者さまの中からアンチ現代医療が告発されつつありますが、今後このような風潮が広がっていってほしいと思います。
私は日本の自然が大好きです。草・木・花・水・山・空・雲……本当に美しい。この美しさは人間と自然が調和することによって輝きを増し続いていくと思います。そのためにも平和を望みます。「決して希望を捨ててはいけない」という最後の言葉、ありがとうございました。
 
非常に分かりやすかった。長堀先生の熱い思いが伝わってきた。
 
西洋医学、東洋医学から始まり、大変多岐にわたる最後は壮大なスケールの話になり驚きましたが「世界の夜明けは日本から」にちゃんと収まったので又、びっくりでした。今回この会に長堀先生が山波先生に招ばれて来たんだなということをヒシヒシと感じました。
又、機会があれば是非お話を聞きたいです。
 
とてもスケールの大きな話を1つ1つ興味深い話でわかりやすく話して下さり日本人として生まれたこと再考しないといけないと思った。
偏った医学界の中で貴重な存在の先生で、この様な講演会をきけて幸せでした。
 
中央構造線付近、大鹿村に行ったことがあります。未来の地球が全てあのような幸せな場所になるのだ、と思いました。
最後の力強いお言葉に勇気がでました。
 
すばらしい先生もいらっしゃると、同じ医療に関係する者として心からうれしく思いました。
日本に生まれて、この話をきかせて頂くのも偶然ではないと思います。自分の在る所でがんばっていきたいと思いました。
 
馬車道の関内ホールに置かれていたチラシの講演内容に惹かれ、聴講しに伺いました。いろいろと指差に富んだ体験に基づいたお話にとても感銘を受けました。
 
一言では言えないほど大きく感動しました。(そして面白かったです!!) 先生の愛の心の深さ、平和を大切になさるお気持ちがひしひしと伝わってきました。アジアを助け、守り、お互いにやっていくということも大賛成です。山波先生のおっしゃる愛の外交、愛で国を守るという事と同じだと思いました。
もっとおはなしをききたいです。
 
講演もとても簡潔で、エッセンスが理解でき、すばらしかったです。ほんとうに広い視野からの論理の展開に深く感動しました。科学、歴史、スピリチュアルの一体化という『長堀理論』に出会えたことに感謝します。
 
最後の希望を捨てなければ大丈夫!というところが強く印象に残りました。本当に感動してお話を聞けて良かったという思いでいっぱいです。
 
大変興味深いお話に引き込まれ、あっという間に修了してしまいました。
先生が医師であるということを思わず忘れて聴かせていただきました。
講演の内容を本にして出していただけたら…と思いました。


以上
ここにご紹介しきれない程たくさんの感想を寄せていただきました。
誠にありがとうございました。
以上で今回の講演会&宮沢賢治祭のご報告を終わります。

でくのぼう宮沢賢治の会

 
| ポラーノ@管理人 | 09:44 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

宮沢賢治手帳topへ

 
 
熊谷えり子講演報告
人と自然がうたう愛のシンフォニー
ースピリチュアルな賢治童話の世界ー

 

**バックナンバー在庫状況**
でくのぼう宮沢賢治の会
会報誌について

現在、2号 8号 9号 10号
11号 12号 13号は在庫あります。
他の号についてはございません。
ご了承をお願いいたします。
 

在庫僅少です
会報誌14号発行
2015年8月15日


 
会報誌13号発行
2012年6月28日


 
会報誌12号発行
2010年9月21日


 
会報誌11号のご案内
 
会報誌10号のご案内
 
会報誌9号のご案内
 
会報誌8号のご案内

会報誌7号のご案内

今月の読書会(〜平成19年9月)
 

Category

Link

Entry



 ◎ブログへのコメントをありがとう
 ございます。
 ◎ブログ内記事と関連のないコメン
 トや宣伝のみ等と思われる場合は公
 開を見合わせていただいておりま
 す。よろしくお願いいたします。


Comment

Profile

Search

Archives

Feed

Others

Mobile

qrcode