Entry: main  << >>
本のご紹介

JUGEMテーマ:読書

 

書評「屋根の上が好きな兄と私」 宮沢賢治妹・岩田シゲ回想録

 

著者 岩田シゲほか

栗原 敦 監修

宮澤明裕 編

 

蒼丘書林、2017年12月20日

 


 

 いい本でした。宮沢賢治が、小さい頃、いつもお父さんに叱られていたこと、シゲさんは妹なのに、賢治が叱られないように、いつも心配する気持ちの優しさが、とてもよかったです。

 

 栗原先生が、言葉に簡潔な注釈をつけて下さっているのが、透き通るような青いシゲさんの文章に、深い濃い紺色の色合いを加えるような具合で、賢治のその日の心と姿がありありと見えるようでした。

 

 賢治童話の下敷きになるような体験だったんだろうなという思い出もでてきて、童話の場面も浮かびます、賢治ファンにはたまらない一冊だと思います。

 

 158回芥川賞をとられた若竹千佐子さんの作品「おらおらでひとりいぐも」。タイトルの言葉は、賢治の妹トシさんの言葉ですし、直木賞に決まった門井慶喜さんの「銀河鉄道の父」は、賢治の父、政次郎さんの視点で描かれた作品です。

 

 この賢治の妹シゲさんの視点で書かれた、賢治とその家族の群像であるこの本は、A5判78頁の薄めの本で、何かの賞をとるものではないと思いますが、とにかく優しくあたたかくて、家族を包む母イチさんの優しさと共に、その息遣いまでも感じる、なんども読みたくなるような、本でした。

 

でたばかりの本のネタをばらしてはいけませんが、「人の難儀をよそごとに済ませない兄の性格を父は非常に心配しているのでした。」の一文、姉のトシさんが「寮で、何か催物があって、余興でおばあさん役の人に『宮沢さんの着物貸して』と言われるんだと姉は苦笑いしていました。」の一文が、心に残りました。これだけでも、私の書評(拙い感想)よりも、この本の魅力がわかると思います。

 

シゲさん、栗原先生、宮澤明裕さん、本当にありがとう。

 

(草薙)

 

 

 

| 草薙建 | 19:28 | comments(1) | - | pookmark |
Comment
ずっと証明したいことがあって学問の世界を志してきました。
けれども答えは研究所や学術書にはないと 今日気づきました。
それはきっと人間達が教えてくれます。
誰かの思いを知って、言葉をきいて、人生を少しだけ一緒に歩いた時、見えてくるその人の心の形。そこにきっと私の知りたかった答えがあります。その知恵をどう活かせばいいのかまだわからないけど、見つけ出してみたい。そんな宝物。
この本にその宝物がたくさんあるのだろうと書評を読んで感じました。
シゲさん、栗原先生、宮沢明裕さん、草薙さん、本当にありがとう。
Posted by: 月野原さやか |at: 2018/02/14 12:39 AM








1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

宮沢賢治手帳topへ

 
 
熊谷えり子講演報告
人と自然がうたう愛のシンフォニー
ースピリチュアルな賢治童話の世界ー

 

**バックナンバー在庫状況**
でくのぼう宮沢賢治の会
会報誌について

現在、2号 8号 9号 10号
11号 12号 13号は在庫あります。
他の号についてはございません。
ご了承をお願いいたします。
 

在庫僅少です
会報誌14号発行
2015年8月15日


 
会報誌13号発行
2012年6月28日


 
会報誌12号発行
2010年9月21日


 
会報誌11号のご案内
 
会報誌10号のご案内
 
会報誌9号のご案内
 
会報誌8号のご案内

会報誌7号のご案内

今月の読書会(〜平成19年9月)
 

Category

Link

Entry



 ◎ブログへのコメントをありがとう
 ございます。
 ◎ブログ内記事と関連のないコメン
 トや宣伝のみ等と思われる場合は公
 開を見合わせていただいておりま
 す。よろしくお願いいたします。


Comment

Profile

Search

Archives

Feed

Others

Mobile

qrcode