Entry: main  << >>
《特別企画 花巻・石鳥谷紀行 宮沢賢治と「稲作挿話」の少年をたずねて」》 サムライ平和11号のご案内 

 

サムライ平和第11号  2018年2月発行  発売中

 

エゴから愛へ
人類文明の転換のために─
日本の心と平和を鎌倉から発信する総合誌

 

山波言太郎総合文化財団 発行
定価 1080円
(税込)

 

 

11号のサムライ平和(ピース)は、宮沢賢治先生の愛弟子、菊池信一さんの甥にあたる

菊池善男さんのインタビュー、また信一さんの思い出をたどる紀行記、等、

貴重な記事が掲載されています。宮沢賢治ファンにとっては必見です。

他にも、20名の投稿集や論考など今号も読みごたえある一冊になっています!


 

 

(目次より)

 

巻頭                          
平和をつくるのは人── 他者への愛
桑原 啓善

 

童話 神さまはさびしがりや
作  桑原啓善・絵  熊谷直人

 

 

特別企画 花巻・石鳥谷紀行               

宮沢賢治と「稲作挿話」の少年をたずねて
 賢治先生と愛弟子菊池信一さん

 

◯〔あすこの田はねえ〕(「稲作挿話」) 宮沢賢治    

 

菊池信一氏

◯菊池信一さん略年譜  

 

◯「石鳥谷肥料相談所の思ひ出」     菊池信一
 「素描」                   菊池信一

 

 

◯菊池善男さんインタビュー    
 「ほんとうの賢治さんを伝えたい」  聞き手 熊谷えり子

   

  現在花巻市石鳥谷町にお住まいの宮沢賢治の教え子菊池信一さん(昭和12年戦死)の

  甥にあたる菊池善男さんに、宮沢賢治と菊池信一さんについてお話を伺いました。

 

菊池善男氏

 

◯人は去り、愛は残り、  
  ── 花巻、石鳥谷紀行 2017 ・ 11 ・ 7〜8 ──

                   編集室 熊谷えり子

 

石鳥谷駅

「あすこの田はねえ」の田はもうない。跡地は駅近くで住宅地になっている。

 

 

花巻市内の風景

花巻市内の風景

                                        

他、記事多数

 

 

ご注文、お問い合わせは山波言太郎総合文化財団まで。
📞 0467-24-6564

 

 

 

| ポラーノ@管理人 | 21:40 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

宮沢賢治手帳topへ

 
 
熊谷えり子講演報告
人と自然がうたう愛のシンフォニー
ースピリチュアルな賢治童話の世界ー

 

**バックナンバー在庫状況**
でくのぼう宮沢賢治の会
会報誌について

現在、2号 8号 9号 10号
11号 12号 13号は在庫あります。
他の号についてはございません。
ご了承をお願いいたします。
 

在庫僅少です
会報誌14号発行
2015年8月15日


 
会報誌13号発行
2012年6月28日


 
会報誌12号発行
2010年9月21日


 
会報誌11号のご案内
 
会報誌10号のご案内
 
会報誌9号のご案内
 
会報誌8号のご案内

会報誌7号のご案内

今月の読書会(〜平成19年9月)
 

Category

Link

Entry



 ◎ブログへのコメントをありがとう
 ございます。
 ◎ブログ内記事と関連のないコメン
 トや宣伝のみ等と思われる場合は公
 開を見合わせていただいておりま
 す。よろしくお願いいたします。


Comment

Profile

Search

Archives

Feed

Others

Mobile

qrcode