Entry: main  << >>
草野心平記念文学館の夏の企画展「宮沢賢治―賢治の宇宙 心平の天―」その2

みなさま ご無沙汰しました。前回は秋の初めでしたが今回は春の初めです。

(いつもより早く冬眠にはいりいつもより早く冬眠からさめた蛙です。)

 

草野心平記念文学館の夏の企画展「宮沢賢治―賢治の宇宙 心平の天―」訪問の続きです。

前回は到着してさあ企画展を観覧しようかというところで呼ぶ声がしたというところでした。

声の主は 草野心平記念文学館の学芸員0氏でした。なぜ私の名前をご存じなのだろうと不思議におもっていると同行者のHさんが心平さんの常設展示をみようとしたところ声をかけられ、展示の案内をしてくださるというので私を探しておられたのです。またこの日О氏のお弟子さんのMさんも来館されており一緒にまわることになりました。私が企画展のブースの中にいたのでО氏は企画展の中を案内してくださいました。印象に残っているのは賢治さんに法華文学をすすめた高知尾智燿(たかちおちよう)氏が心平さんの母校である小川小学校で先生をされていたことです。あさからぬ縁を感じました。そして常設展示室の中にはいるやいなやO氏の名調子が始まり、心平さんが経営していた居酒屋「火の車」を模した中で入り椅子に座ってお品書きなどみてるとまるで心平さんにおよばれされたような気分になりました。原稿をみたり、心平さんの詩を朗々と朗読してくださったり、ときには詩の解説や当時の心平さんの状況を説明してくださったり、ほんとうに盛りだくさんの案内をしてくださいました。一通り案内が終ると今度はお昼もご一緒させていただきました。併設のレストラン「スピカ」でこだわりカレー手作りジャムのデザート新鮮な野菜のサラダ(ほんとうに美味しかった!)をいただきました。大きな窓から真っ青な空と自然を眺めながらの会話はとても贅沢なものに感じました。しかし私たちには帰る時間がせまっていました。せっかくきたなら心平さんの生家もよりたいし、けれどここ草野心平記念文学館は駅から離れていて車かタクシーでないと交通手段がないのです。(つづく)

 

 

レストランスピカの前にて  

賢治さんの看板に手をかける学芸員O氏 お弟子さんのMさん でくのぼう会Hさん

レストランスピカの前にて

 

 

駐車場からの草野心平記念文学館

手前がレストラン「スピカ」 奥の建物が記念文学館文学館。屋上に見える

いくつものアーチがある白い建造物のところは芝生があって憩える場所にな

っている。見晴しが素晴らしい

駐車場からの草野心平記念文学館

 

| 風志野はるか | 18:31 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

宮沢賢治手帳topへ

 
 
熊谷えり子講演報告
人と自然がうたう愛のシンフォニー
ースピリチュアルな賢治童話の世界ー

 

**バックナンバー在庫状況**
でくのぼう宮沢賢治の会
会報誌について

現在、2号 8号 9号 10号
11号 12号 13号は在庫あります。
他の号についてはございません。
ご了承をお願いいたします。
 

在庫僅少です
会報誌14号発行
2015年8月15日


 
会報誌13号発行
2012年6月28日


 
会報誌12号発行
2010年9月21日


 
会報誌11号のご案内
 
会報誌10号のご案内
 
会報誌9号のご案内
 
会報誌8号のご案内

会報誌7号のご案内

今月の読書会(〜平成19年9月)
 

Category

Link

Entry



 ◎ブログへのコメントをありがとう
 ございます。
 ◎ブログ内記事と関連のないコメン
 トや宣伝のみ等と思われる場合は公
 開を見合わせていただいておりま
 す。よろしくお願いいたします。


Comment

Profile

Search

Archives

Feed

Others

Mobile

qrcode