Entry: main  << >>
草野心平記念文学館の夏の企画展「宮沢賢治―賢治の宇宙 心平の天―」その3

 

せっかくきたので草野心平さんの生家もみたいということもあってタクシーでどのくらい時間がかかるか等たずねていたら、な、な、なんと!О氏が駅まで送ってくださるというではありませんか!!!!!

すっかり仲良くなった気分でずうずうしくもありがたくお言葉に甘えることにいたしました。О氏が支度をなさっている間ほんの少しだけもう一度企画展をまわり資料をいただきました。帰りの電車の時間をきかれ、いわき駅だと車が混むから時間に余裕をもって出たがいいとすぐ車に乗り込みました。駅に行くのかと思ったら心平さんの母校小川小学校をまわって生家へ。え?時間は?という間にどんどん生家の中へ入っていかれ 心平さんの教え子のボランティアの方と心平さんが作った小川小学校の校歌を歌って下さいました。それから心平さんのお墓へ連れて行ってくださいました。心平さんの墓石には戒名はありませんでした。常設展示の作品を見ていて私もHさんも心平さんは死後の世界をご存じだったのではないかしらと話していたのでとても心平さんらしいと思いました。それでふと見ると蛙さんがいたのです。天気の良い日差しが強い時間なのに。きっと心平さんがよろこんでくださったのかしらと云い合いながら駅へ向かいました。しかしまたここで車は違うところ?を走っています。きれいな川がみえてきて水面はキラキラと銀色に光って実にきれいです。夏井川という川でその堰をわざわざ遠回りして見せてくださったのです。小川村の豊かな自然を体験させてくださりやっとこんどこそほんとうにいわき駅へむかいました。その道中も次から次へ面白いお話をきかせてくださりずっと笑ったり感心したりしているうち駅について挨拶もそこそこにぎりぎりで特急電車に飛び乗りました。座席に座ったあともなんだか夢のような時間を過ごしたようで二人ともしばらく興奮がさめませんでした。

学芸員О氏がお弟子さんのMさんとともに私たちに気をつかわせないようサプライズで心平さんゆかりの場所めぐりをしてくださったことやその間もたくさんの知識と話題でひとときもあきることがありませんでした。短い時間でしたが濃厚で貴重なひとときを過ごさせていただいたことに心から感謝しております。ありがとうございました。

 

草野心平さん生家

草野心平さん生家

 

生家案内ボランティアをしている心平さんの教え子さん小川小学校校歌(心平さん作詞)斉唱

小川小学校校歌斉唱

 

草野心平さんのお墓

心平さんのお墓

 

お墓のすぐ横にいた蛙さん 写真をとろうとしたら日陰にとんだところを

お墓のすぐ横にいた蛙

 

 

| 風志野はるか | 15:42 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

宮沢賢治手帳topへ

 
 
熊谷えり子講演報告
人と自然がうたう愛のシンフォニー
ースピリチュアルな賢治童話の世界ー

 

**バックナンバー在庫状況**
でくのぼう宮沢賢治の会
会報誌について

現在、2号 8号 9号 10号
11号 12号 13号は在庫あります。
他の号についてはございません。
ご了承をお願いいたします。
 

在庫僅少です
会報誌14号発行
2015年8月15日


 
会報誌13号発行
2012年6月28日


 
会報誌12号発行
2010年9月21日


 
会報誌11号のご案内
 
会報誌10号のご案内
 
会報誌9号のご案内
 
会報誌8号のご案内

会報誌7号のご案内

今月の読書会(〜平成19年9月)
 

Category

Link

Entry



 ◎ブログへのコメントをありがとう
 ございます。
 ◎ブログ内記事と関連のないコメン
 トや宣伝のみ等と思われる場合は公
 開を見合わせていただいておりま
 す。よろしくお願いいたします。


Comment

Profile

Search

Archives

Feed

Others

Mobile

qrcode