Entry: main  << >>
2019宮沢賢治祭 ご報告

 

 9月に恒例の賢治祭が開催され、参加者の皆様から熱のこもった沢山のアンケートをいただきました。時間をかけて心を込めてにお書き下さった(記事になる程の)文章もあり、大切に読ませて頂きました。今回は、賢治祭の舞台裏として、アンケートの一部をご紹介させていただき、当日のご報告をいたします。 【リード文・草薙 建(抜粋)】

 

2019年9月21日(土)3:00 〜 5:00 山波財団 2Fホール
司会進行 熊谷えり子
企画・構成 でくのぼう宮沢賢治の会
写真 K・Y
 

 

前半
グスコーブドリと賢治の伝記(60分)

それぞれのテーマを決めて5部の構成です。熊谷先生監修、草薙さんがシナリオに起こしてくれました。
熊谷先生のナレーションとメンバーたちの朗読、挿入曲、プロジェクタで流す映像で、来場された参加の方々と共に感動的な舞台となりました。

 

2009賢治祭5

 

 

後半
イーハトーブの歌と朗読(40分)
青木先生の指揮のもと、「種山ヶ原」「耕母黄昏」「ポラーノの広場」の合唱、最後には全員で「雨ニモマケズ」を群読しました。群読は大迫力で新しい時代がそこに来ているような新鮮な気持ちになりました。

 

2009賢治祭3

 

 

 

また、「懐かしの映像」では、2004年8月14日の講演&コンサート「宮沢賢治を生きる」第二部(録画)より、山波言太郎先生の「雨ニモマケズ」「農民芸術概論綱要」朗読と、当時のリラ自然音楽研究所会員たちによる「青い槍の葉」の群読が上映されました。15年前の映像は流れた月日を感じながらもなつかしくホロリとなる場面もあったかも知れません。山波言太郎先生の朗読は今でも新しく感じられ圧巻でした。

 

2009賢治祭4

 

2009賢治祭1

 

今年は若い人たちがいつもより多く見えられました。

プログラムの配布を手伝ってくれたり、積極的に手伝いを申し出てくれました。

 

2009賢治祭2

 

 

 

★アンケートの一部より★

 

係の皆さんのくるくる働く姿。一生懸命声を出し合い、1つになろうとする姿。若い方もたくさんいました。そう若くない方も、心は全く若いままだと感じました。
終わって今、この新しい人達が、まっすぐこの道を進んでいけるためだけに、自分ののこりの人生をつかい切りたいと思いました。
何もかも新鮮でした。

 

第1部、とにかく涙が流れました。ブドリ(賢治先生)のでくのぼーに感動しました。私もこのように生きたいと強く思いました。ブドリの、本当に心からの無私の心に感動しました。
第2部、みんなのキレイな心がのった歌声にいやされました。
最高でした。

 

第1部の脚本、朗読がとてもすばらしかったです。
合わされた音楽も絵も本当にピッタリで、賢治先生の生きて来られた時代を思いながら、心が痛くなりつつもあっと言う間の1時間でした。
山波先生の朗読をあらためて聞かせていただくと、今まで感じていたよりも更にもっと優しく静かに心に響いて、言葉には出来ないほど感動しています。
第2部 強い思いを感じ、心を寄せながら今の自分に出来る限りの力(声)で、デクノボーになりたい思いも込め、歌と群読に参加させていただきました。
今年も賢治祭に参加出来ましたことを心から感謝しております。スタッフの皆様本当にありがとうございました。

 

でくのぼう会の方々の朗読、構成が見事でした。
始まる前に山波先生の気配を感じて涙が出た。
熊谷先生のナレーション以下、とにかく皆さんの声が言霊で力があるのを感じました。
犲磴た佑豊瓩汎辰妨世錣譴討燭里わかる仕事や人に対する態度を若くない私が見ても改めて考えさせられ反省したりしました。
後半はなつかしの映像、先生もクラブ員の皆さんも若くて一生懸命で青い葉みたいでした。賢治先生とでくのぼう会の皆様有難うございました。

 

今回の賢治祭は、原点に立ち返るような、でくのぼうの生き方を今一度考えさせられる内容でした。
グスコーブドリのお話を取り上げながら、賢治さんや山波先生の悲願のようなものを感じました。
改めて自分もブドリ(賢治さん)のように生きたいです。
山波先生がデクノボー革命と名付けたこともすごく腑に落ちたというか、まず自分がデクノボーに徹して愛と奉仕をしないと世の中は変わらないと思います。
奇しくも、今回の参加人数は101人とのこと。101匹目の猿が浮かびました。ここから愛と奉仕のライフスタイルの生き方が広がるのではないかという気がしました。
また、今回は若い方々がたくさんいて、やはり場が明るくなり、会場の空気感が全然違いました。若い皆さんの素直な心が会場に流れて、明るい気持ちのよい空間になっていたのではないでしょうか。

 

明るく華やいだ入口を通って席に座ると、とても温かい空気に包まれていると感じられ、会場全体に愛が満ちているように思いました。
前半は、賢治さんとブドリのみんなの幸福のための自己犠牲と無私の献身の姿勢が静かに力強く伝わってきて涙が出、熱いものを受けとりました。「やろう!もっともっとやれる!」と思ってしまいました。
最後に101名で群読した「雨ニモマケズ」はしっかりと心に残りました。
賢治先生に皆で拍手する時、初めて賢治さんの存在(?)を感じ、涙が出ました。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:デクノボー宮沢賢治について

| ポラーノ@管理人 | 12:56 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

宮沢賢治手帳topへ

 
 
熊谷えり子講演報告
人と自然がうたう愛のシンフォニー
ースピリチュアルな賢治童話の世界ー

 

**バックナンバー在庫状況**
でくのぼう宮沢賢治の会
会報誌について

現在、2号 8号 9号 10号
11号 12号 13号は在庫あります。
他の号についてはございません。
ご了承をお願いいたします。
 

在庫僅少です
会報誌14号発行
2015年8月15日


 
会報誌13号発行
2012年6月28日


 
会報誌12号発行
2010年9月21日


 
会報誌11号のご案内
 
会報誌10号のご案内
 
会報誌9号のご案内
 
会報誌8号のご案内

会報誌7号のご案内

今月の読書会(〜平成19年9月)
 

Category

Link

Entry



 ◎ブログへのコメントをありがとう
 ございます。
 ◎ブログ内記事と関連のないコメン
 トや宣伝のみ等と思われる場合は公
 開を見合わせていただいておりま
 す。よろしくお願いいたします。


Comment

Profile

Search

Archives

Feed

Others

Mobile

qrcode