Entry: main  << >>
岩手ミニ紀行 東北砕石工場と賢治が歩いた道 (サムライ平和第13号より転載)その4

「サムライ平和(ピース)」山波言太郎総合文化財団編集発行 には、でくのぼう宮沢賢治の会のメンバーからも投稿が寄せられています。今回はサムライ平和13号に掲載された甲斐次郎さんの岩手ミニ紀行を当ブログに転載します。


 

岩手ミニ紀行 東北砕石工場と賢治が歩いた道

 

 11月(2018年)に岩手に行く機会があり、東山町の東北砕石工場と、石鳥谷(花巻市)などを周ってきました。東北砕石工場は、宮沢賢治の晩年、昭和4年から亡くなるまでの足掛け5年の関わりがあった場所ですが、驚くなかれ、現在も賢治がいた当時の姿のまま保存されています。ちょうど、耐震補強工事中のため、中を見ることはできませんでしたが、砕石の機械やトロッコなど当時のものを見ることができました。賢治が実際にやってきた工場や賢治が歩いたという駅からの道など当時の雰囲気がありありと感じられました。また隣接する「石と賢治のミュージアム」では偶然、「語り継ごう鈴木実先生の志」という催しがあり、参加させていただくことができました。

 

東北砕石工場

東北砕石工場と賢治が歩いた道

 

 その催しは、鈴木実さんという方と縁のあった8人の方がそれぞれに思い出などを語る会でした。途中からの参加でしたが、私が聞いた中では最高齢の90歳を超える方が、戦争体験を交えながら、鈴木実先生にいかにお世話になったか、ありがたかった、といったお話をされていました。また、別の方は鈴木実さんのめいっ子の方で、とにかくあったかい人でよくめんどうをみてくれた、とのこと。そのほかにも実先生からユネスコ土曜学校で教わった話など伺うことができました。何も知らずに、会に参加してお話を聞かせていただき、そこで鈴木実さんという方を初めて知ったのですが、相当な人格者であるらしいことを知りました。いただいた資料によれば、昭和23年の戦後復興の時期に、地元東山町に全国2番目となる賢治詩碑「まづもろともにかがやく宇宙の微塵となりて無方のそらにちらばらう」の建立にご尽力されたそうです。また、高校教師として生徒の指標とすべく賢治顕彰碑を設置された、等々の足跡が記されていました。

 

 この鈴木実さんこそ、東北砕石工場に技師・宮沢賢治を招いた鈴木東蔵さんの息子さんだったのです。東北砕石工場や東蔵さんには、何かと暗いイメージを抱いておりましたが、そのイメージが払拭されました。ミュージアムには東蔵さんの足跡や著書の紹介などもあり、東蔵さんがいかに当時の農村の窮状を憂いていたか、ということがひしひしと伝わってきました。
 石鳥谷には、サムライ・ピース11号に熊谷先生が書かれた「花巻・石鳥谷紀行」を頼りに、復元されたという肥料設計所を目指しました。観光施設にもなっておらず、すでに日没後ということで、せめて建物だけでも見たい、という気持ちで行きました。案の定、鍵は締まっており誰もおらず、観光案内の肥料設計所の看板だけでも見れたので良し、と思ったのですが、ガラス戸には、御用の方はお電話をください、と電話番号を書いた貼り紙がありました。電話をすると、菊池善男さんご本人がわざわざやってきてくださり1時間近くお話を伺うことができました。2階建ての家をひとしきりご案内いただき、ゆくゆくは民泊できるようにしたい、賢治のゆかりの地を案内したり、賢治めぐりの拠点として使えるようにしたいと思っているんです、と話されました。音楽やイベントや中央から有名な人を呼んできて人を集めるのではなく、賢治とご縁のあったものの務めとして、つながりを作りながら本当の賢治を伝えていきたい、と話されました。「羅須地人協会は、失敗とか言われているけど、ちょうど治安維持法の影響で、親御さんたちに迷惑がかかると悪いからやめたんですよ。」とのお話が実感がこもっていました。なにか菊池信一さんその人が語っているかのような不思議な感覚を覚えました。そして何より、熊谷先生の紀行について、「こうして話したことを上手に臨場感いっぱいにまとめていただいて、本当にありがたいんです。これを見てまた訪ねてきてくださる人がいる。」と何度もおっしゃっていました。そして、ここのことをぜひ伝えてください、とも。

 

 東山では、鈴木実先生のことをしっかりと語り継いでいこう、後世に伝えていこう、先生の精神を受け継いでしっかり生きていかなくてはいけないんだ、というご発言もあり皆さんの楽しげで熱い思いにあふれていました。
 石鳥谷では菊池善男さんが歩いてくるお姿を見て、感動してしまいました。愛情のかたまりのような方だ、と感じました。お話を伺っているあいだ中も、なんと、この方は仏様のようなお方だ、とその感動がずっと続いていました。
 語り継ぐとはどういうことか、ひしひしと感じた次第です。 

 

(甲斐次郎)

 

 

 

| ポラーノ@管理人 | 11:28 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

宮沢賢治手帳topへ

 
 
熊谷えり子講演報告
人と自然がうたう愛のシンフォニー
ースピリチュアルな賢治童話の世界ー

 

**バックナンバー在庫状況**
でくのぼう宮沢賢治の会
会報誌について

現在、2号 8号 9号 10号
11号 12号 13号は在庫あります。
他の号についてはございません。
ご了承をお願いいたします。
 

在庫僅少です
会報誌14号発行
2015年8月15日


 
会報誌13号発行
2012年6月28日


 
会報誌12号発行
2010年9月21日


 
会報誌11号のご案内
 
会報誌10号のご案内
 
会報誌9号のご案内
 
会報誌8号のご案内

会報誌7号のご案内

今月の読書会(〜平成19年9月)
 

Category

Link

Entry



 ◎ブログへのコメントをありがとう
 ございます。
 ◎ブログ内記事と関連のないコメン
 トや宣伝のみ等と思われる場合は公
 開を見合わせていただいておりま
 す。よろしくお願いいたします。


Comment

Profile

Search

Archives

Feed

Others

Mobile

qrcode