Entry: main  << >>
戦争を体験されたお二人から思うこと(サムライ平和第16号より転載 )その5

 


「サムライ平和(ピース)」山波言太郎総合文化財団編集発行 には、でくのぼう宮沢賢治の会のメンバーからも投稿が寄せられています。今回はサムライ平和16号に掲載された「特集 戦後75年を想う」から夏原ゆとさんのエッセイを転載しています


 

 私は介護の仕事をしていますが、ご利用者の中には先の戦争を体験された方もおられます。その中でも、あるお二人の姿は今でも忘れることはありません。

 

 A氏は私が介護をさせて頂いた当時、某企業の名誉最高顧問という立場でした。東大卒の方で戦時中は海軍の薬剤官の任務に就かれていたそうです。偉ぶることもなく、ユーモアたっぷりの方でした。しかしとある日、同僚が介護中の会話の中で「今何が世界で起こっているのかなんて知らない。アジアの地図も正確には分からない。」という主旨を話したところ、A氏は怒り出し、いきなり同僚の首を絞めようとしました。A氏は顔を真っ赤にし、「俺たちはお前たちのために戦ったんだ。それなのに、お前たちは今そんな生き方をして…!」と悔しそうに絞り出すように震えた声で語られ、同僚の首から手を離されました。またある日、A氏のご家族から「おじいちゃん(A氏)の部屋を掃除していたら、机の中から海軍にいた時の銃が出てきたの。おじいちゃん、銃なんてどうしてずっと持っていたの?」と尋ねられていましたが、A氏は何も語らず涙だけを流され最後まで理由を話されることはありませんでした。某企業の社長をされていた方ですが、銃を傍らに置いて、何か秘めたる覚悟を持って戦後もずっと仕事をされてきたのだろうか…と想像します。

 

 Bさんはとても気丈な方で、当時106歳の女性でした。毎朝4時過ぎに着物を着られ身支度をし、歩く時などは杖を使用され介助が必要でしたが、それ以外は身の回りのことなどは殆どご自身でされていました。裕福にもかかわらず、物を本当に大切にされる方でした。またBさんは名家の方で、先祖はシーボルトとも交流があったそうです。ある日の昼食後、また別の同僚が「(第二次世界大戦は)結局、侵略戦争だったんでしょう。」と仕事をしながらポツリと言いました。その瞬間、Bさんは箸をピシャリと置きました。そして黙したまま、その時ばかりは介助の手も借りず、杖も使わずに背筋をピンと伸ばしたまま、一人でサッサと部屋に戻られてしまいました。その様子は静かながらも、気迫は凄まじいものでした。私は呆気にとられたと同時に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。戦時中多くの方々は決して私利私欲のために戦ったわけではない…ということを、その時のBさんの姿や日頃からの生き方から私は感じたのです。またBさんのような多くの方々が、戦後何を言われても黙ったまま、それでもひたすら生きてこられたのだろうと思います。

 

 先の戦争については、私にはまだまだ分からない事も多いです。しかし、お二人のことを思うと、私たちはこのままの生き方でよいのだろうか…と考えてしまいます。様々な多様な戦争体験もあると思いますが、それぞれの方の決死の歩んできた道の上に今の私たちの世があります。今も戦争の絶えない世界ですが、もうこれからは戦いのない時代をつくっていかなければ地球も耐えられないと感じます。そういう時代をつくる一人に私もなりたいと、自戒を込めて思います。

                                 (夏原ゆと)

 

 

 

 

 

| ポラーノ@管理人 | 13:00 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

宮沢賢治手帳topへ

 
 
熊谷えり子講演報告
人と自然がうたう愛のシンフォニー
ースピリチュアルな賢治童話の世界ー

 

**バックナンバー在庫状況**
でくのぼう宮沢賢治の会
会報誌について

現在、2号 8号 9号 10号
11号 12号 13号は在庫あります。
他の号についてはございません。
ご了承をお願いいたします。
 

在庫僅少です
会報誌14号発行
2015年8月15日


 
会報誌13号発行
2012年6月28日


 
会報誌12号発行
2010年9月21日


 
会報誌11号のご案内
 
会報誌10号のご案内
 
会報誌9号のご案内
 
会報誌8号のご案内

会報誌7号のご案内

今月の読書会(〜平成19年9月)
 

Category

Link

Entry



 ◎ブログへのコメントをありがとう
 ございます。
 ◎ブログ内記事と関連のないコメン
 トや宣伝のみ等と思われる場合は公
 開を見合わせていただいておりま
 す。よろしくお願いいたします。


Comment

Profile

Search

Archives

Feed

Others

Mobile

qrcode